鈴木 名字 由来


自分で好きにつけられるということで、佐藤のほかにも「伊賀の藤原さんは伊藤にしよう」とか「加賀の藤原さんは加藤にしよう」など、のれん分けのような形で広まった名字もあります。名字というのは自分で好きにつけられるというカジュアルさがあったということも相まってどんどんと広まっていったのでしょう。そもそもの「藤原」の始まりは中臣鎌足が天智天皇から賜ったことに由来しておりますが、その藤原家において藤原秀郷の子孫である公清が左衛門尉という朝廷の役職についたことから、それらを合わせて「佐藤」としたのです。ちなみに「名字」と「苗字」って何が違うのかということも調べたのですが、どうやらこの二つは起源は異なるものの明確な違いはないようで、どちらを使っても構わないということです。それぞれつけたのです。つまり、昔の日本人というのは海外にあるミドルネームのように、長々と色々な名前を付けていたってことです。源(氏) 朝臣(姓) 徳川(名字) 次郎三郎(通称) 家康(実名) という具合ですね。源頼朝、平清盛、藤原鎌足などの名前は日本史を習っていた時に一度は聞いたことがあるはずです。つまり、大名に佐藤という名前の人物がいなかったことが逆に一般人に広まる要因となったのです。そんなかつて権勢を誇った氏族の代表を指す言葉として「源平藤橘」というものがあるわけですが、その一角である「藤原」から派生したのが「佐藤」という名字です。思い返せば小学校、中学校、高校、大学と同じクラスや部活などで「佐藤かぶり」することはよくありましたね。彼らはよくある苗字で個性がないということの反面、「下の名前で呼んでもらいやすい」というメリットも併せ持っていて少々うらやましく感じた思い出があります。日本にいる佐藤さんの数はなんと200万人で、数ある苗字の中でも唯一200万人を突破する堂々の1位です。以下2位は鈴木さんで180万人、3位は高橋さんで150万人と続きます。特に平安時代以降には「源平藤橘」という言葉にあるように、特定の名字を名乗った氏族が政治の中枢を担ったり、あるいは源平合戦に代表されるように他の名字の一族との対立をも生みました。ここでは日本人によくある名字の1位「佐藤」について、どういった由来があってこのような名字になり、またこれだけ多くの人に広まっていったのか?その起源や歴史をお伝えしたいと思います。そもそも名字というものの始まりは、家柄や格式を表すためにつけられたとされております。そのために出身地や地名を使いました。そして、かつての日本においては大名がいるとその家臣や地域民は主君と同じ苗字を名乗れなかったということがあったのですが、これらが合わさったことがにここまで「佐藤」の名字が全国的に広まった要因と思われます。そんな「藤原」から一文字拝借した「佐藤」という名字には大変なネームバリューがあったことも、これだけ日本に多く広まった要因とされております。阿部、伊藤、加藤、佐藤、田中、中村、林、松本、山田、渡辺など「あかさたな」の順番で思いつくだけでもこれくらい、「よくある苗字」というのはありますね。「ら」で始まるよくある苗字というのはちょっと思いつきませんでした。羅刹さんとかいるんでしょうかね。様々なものの歴史や由来、また言葉の意味などなぜそうなったのか?ということを探っていくサイトです。よく、苗字の由来というと武士とか土地の名前が元になっているという話がありますが、この佐藤に関しては過去に有名な大名などがいたということはありません。朝廷の役職である「佐すけ)」に就いていたことから由来になったという説もありますね。「佐」というのは次官のことでトップというよりは補佐的な役割を占めていました。現在で言うと、官僚における事務次官のような存在でしょうか。佐藤という名字は東北に多く、秋田県、山形県、宮城県では人口比で7%を超えるそうです。100人中7人ということは、おおざっぱに見積もっても1クラス40人中に平均2.8人、つまり1クラス集まれば2人か3人の佐藤がいる、ということになりますね。また、この藤原家から派生した「佐藤」という名字は藤原秀郷の子孫である公清が由来となったというのは述べましたが、この藤原秀郷というのは平将門を討った人物ということでいわばヒーロー的な存在でした。私たちの記憶を辿っていっても、歴史上の人物に「佐藤」がつく人というのはほとんどいないですよね。せいぜい、首相となった佐藤栄作くらいでしょう。それも日本の歴史を考えればごく最近のことです。そもそも名字というものは、同じ「氏」が増えすぎたので区別しよう、ということで生まれたもので「氏」とは少し成り立ちが違います。さらに言うと「姓」というものも意味が異なります。現在ではすべて同じような意味で捉えられていますが


日本の名字(苗字)の99%を網羅する、検索No.1の姓氏情報の総合サイトです。鈴木孝雄さんと同じ名前の人が全国に何人いるかがわかる同姓同名検索。 運営:ルーツ製作委員会,株式会社リクスタ 「鈴木田」さんの由来をご存じの方、ぜひ情報をお寄せください! 本サイトは日々更新しています。お寄せいただいた情報は更新の参考にいたします。 【鈴木田】名字の分布 分布数.

学生の頃クラスに1人はいた、佐藤さんや鈴木さん。では、全国の佐藤さん・鈴木さんはご自分の苗字の起源をご存知だろうか。佐藤姓・鈴木姓のルーツを辿ってみると、思わず「え、そんな理由なの!?」と言ってしまうほどあっさりしたものだった! 公清は、「左衛門尉の藤原」と呼ばれていたそうだ。「左衛門尉」は、「左衛門」・「左門」などと略されることが多かった。そして昔は姓名のうちの一字をとって呼ぶことも多かったという。佐藤さんと鈴木さんが多い理由は、なかなかあっさりとしたものだった。たしかに、参考例が書いてあったらそれを真似してしまうのは自然の流れだろう。諸説あるが、佐藤さんと鈴木さんが多い理由は、このような単純なことだった…!やはり佐藤さんと鈴木さんは不動のツートップとして君臨している。この雑学記事を読んでくれている方が佐藤さんや鈴木さんである確率も、けっこう高いのではないかと思う。そして時は流れて、徳川家康の時代。家康が生まれた松平家に、「鈴木」という名字の人が嫁ぎ、家康の親戚に「鈴木さん」が多くなったらしい。「鈴木というのは、あの徳川家康の親戚の名字らしい」ということが世間に伝わり、後々名乗る人が多くなっていったといわれている。雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。たしかに、藤原氏が多くいたであろう平安時代に、「藤原さん」だけではどの人を指すかわからず宛先ミスが多発してしまう…。もし、現在では珍しいと言われている名字が当時の参考例として書かれていたら、その名字は珍しいものではなくなっていたかもしれない。1位の佐藤さんと2位の鈴木さんはおよそ8万人差だったが、2位の鈴木さんと3位の高橋さんとはおよそ40万人差ということで、佐藤さんと鈴木さんが圧倒的に多いことがわかる。調べてみると、思わず「え、そんな理由なの!?」と言ってしまうほどあっさりした理由だった!…という感じだったかは不明だが、昔の人はせっかちだったのだろうか。イザナギとイザナミのひ孫、ニギハヤヒノミコトの子孫が熊野に移り住み、物部(もののべ)氏という豪族となった。物部氏は熊野大社を建て、代々神官を務めるようになる。上の項目で述べた「私的に名字を名乗っていた人たち」の中で、藤原氏の流れをくむ佐藤姓を使っていた人も多かったのではないだろうか。明治時代の役場が「佐藤」や「鈴木」を参考例として出したのは、それぞれの名字が長い歴史を持つ由緒正しい名字だったからなのだろうか…。では、全国の佐藤さん・鈴木さんはご自分の名字の起源をご存知だろうか。
日本人に最も多い苗字というのはご存知でしょうか。阿部、伊藤、加藤、佐藤、田中、中村、林、松本、山田、渡辺など「あかさたな」の順番で思いつくだけでもこれくらい、「よくある苗字」というのはありますね。「ら」で始まるよくある苗字というのはちょっと

ザ ヒットスタジオ 西川, クリミナルマインド ウィル 死亡, ライオンキング 歌 ハクナマタタ, 虫除けネット 帽子 モンベル, 古沢知子 復帰 は いつ, ファイナンシャル プラン 無料, 旅行会社 仕事 種類, 帯広 Jc ブログ, 文藝春秋 8月号 発売日, 鉄道 デジタルトランス フォーメーション, 市 原市 由来, 大阪府 高校 休校, パナソニック 冷蔵庫 MAYA, 君に溺れる心臓 ネタバレ 3 話, 賀来賢人 結婚 インスタ, 脚 で挟む 英語, イギリス ポンド いつから, バタフライ クロール 速さ, 大河ドラマ 秀吉 子役, アルキタ 在宅 ワーク, 彼岸花 色 種類, 一花 名前 意味, 地方 公共 団体 情報 システム 機構 年 会費,

鈴木 名字 由来